mimingとは

これまでのmining

マイニングとはブロックチェーンというデータの記録方式において、タイムスタンプとトランザクションデータを「ひとつのブロック」にパッケージ化した取引を記録する新たな方式で、参加者全員で同じブロックチェーン全体を共有し、途切れる事が無いように次々と新しいブロックが生成されていく。
常に新たなブロックを生成していく過程でハッシュと言う不可逆的に暗号化された値になる為のnonce「使い捨てのソルト(基数)」を探し出し、そのブロックチェーンの正当性を認証し続けて行く行為で、広大な鉱脈からゴールドを掘り当てる作業に例えられ、マイニング(mining)作業と呼ばれる。
そのnonceを探し当てた報酬として採掘者は暗号化資産を手に入れる。最近ではその全般の行為のことをマイニングと呼称するようになっている。一般的には、「採掘」を英訳した「マイニング」という名前で定着している。

miningを始めるには?

実際にマイニングを始める為にはある程度の予習が必要で、マイニングの専門的な知識とサーバ構築能力・サーバの管理能力、それに加えてサーバへのプログラミング能力を必要とする。

miningを始めようと思っても誰でも参加できるほど簡単ではないと言う事になる。実際に現在既存のブロックチェーンのminingへ参加しているメンバーはサーバ知識が豊富なサーバサイトプログラマーか、そういう人物を雇用可能な富裕層の方々が主な参加者である。
勿論自作のスーパーPCを製作しサーバ構築の技量も身に着けサーバサイドのプログラミングの知識も習得しブロックチェーンマイニングのプログラムを手に入れてトライする事は可能であるが、大金持ちの方たちが莫大なお金を投じて設置したメガパワーのサーバマシンには正直中々勝てるものでは無い。

miningに成功する為には?

物理的に高速なサーバを複数台構成で数多く保有し、ひたすら演算し続ける事が重要であり、多額な資本力を投下して高速な反復計算処理が可能なコンピュータを山ほど保有する人物が圧倒的に有利であり、24時間365日計算にあけくれる事がマイニングに成功する近道となる。中々高きハードルと言える。
マイニングに成功するコツを纏めると以下の通り!

多額の投資、高価なサーバー、豊富なサーバサイドの知識、そしてそれに費やす豊富な時間と言える。 


mining参加への課題は?

高速演算可能なサーバを保有する事が成功への勝敗を握る事から、サーバとサーバ管理者への投資額は数千万円~数億円と多額となり、しかもそれらを設置するデータセンタの賃借代金、これらのサーバ群を維持し続ける電気料は半端なものでは無い。

ひとグループのサーバ群が使用する電気料だけで、普通の家庭の9~10軒分程度の電気を消費する場合も珍しくない。

仮に、貴方が大金持ちでこれだけの金額を投資できたとしても、必ずマイニングに成功すると言う保証はどこにもないし、マイニングに成功した場合でも受取る報酬は暗号化資産なので、法定通貨と異なりその価値は保証されているものでは無く、時間の経過と共にその価値は大きく乱高下する。

 又この事が、「ブロックチェーン=暗号化資産」であると言うイメージを全世界の人々に深く刻む事になり、報酬として受け取る暗号化資産の価値が乱高下する所に価値を見出して群がる人々が、完全にブロックチェーン本来のメリットに目隠しをしておりブロックチェーンが有しているその他の利点に辿り着けない。

 これらの事が複合的に絡み合い、各企業において分散化台帳システム導入の大きな障壁となっており、この偉大なブロックチェーンと言う仕組みが単に暗号化資産の為の単なる記録簿となっていて、費用が掛かる記録方式として認識される事から、それ以上の活用が進んでこなかった。


それでもminingするメリットは?

これだけ多額の費用が掛かっても、果敢にマイニングにトライするチャレンジャーが多数存在するのには、当然それなりの理由がある。

マイニングに成功して受取る暗号化資産が、「暗号化資産の取引所」にて投資額を上回る程の高値で取引されているので、マイニングに成功して受取る報酬は思った以上に魅力的なのである。

ここまで読み進めると「暗号化資産の取引所って何?」と、ふと思うわけなのであるが、多額の投資金を準備できていない人や、或いは資金はあるがサーバの知識がないと言う方、あるいは資金は潤沢だが時間が取れないと言う人々、色々な理由があると思われるが直接的にマイニングにチャレンジできず、それでも暗号化資産を一度は手にしてみたいと思う人々が集まり、マイニングに成功して暗号化資産を手にしている人から、現金でその価値を有料で分かち合ってもらえる場所の事を「暗号化資産の取引所」いう。